初めてのクレジットカード選び

クレジットカード選びでしっぱいしないための方法!

クレジットカードはどうやって選べば良いのか…という比較方法を解説させてもらおうと思います。

 

なにせひとことにクレジットカードといっても、日本だけで1,000種類程度は発行されている現状…。この中から自分にとって最適な1枚を探しだすことは決して容易なことではないので、是非、この記事を読んでカードを比較する上での視点というものを学んでもらえれば幸いです(クレジットカードの仕組みすらわからない…という方は、下記記事から先にどうぞ)。v

 

1.年会費で選ぶ:

 

クレジットカードを比較する上で一番カンタンなのが「年会費」。年会費というのはそのクレジットカードを1年間、保有するためにかかる会員費のことです。

 

年会費とは、クレジットカードを1年保有するためにかかる費用のこと

 

この年会費は0円、つまり無料に設定されているものから、富裕層向けの年会費30万円以上かかるクレジットカードまで存在。クレジットカードを持つために年会費なんて払いたくない…という方は、まず、年会費無料のクレジットカードの中から選ぶようにしてください(年会費無料カードのおすすめはこちら)。

 

尚、下記の図のように年会費がかかるクレジットカードになればなるほど、買い物をするという単純な決済機能以外のサービスが充実していくことになります。年会費が安ければ安いほど良い…という考え方もOKですが、場合によっては敢えて年会費を払うことで、より手厚いサービスを受けることもおすすめですよ。
年会費比較 解説:
年会費無料 クレジットカードを1年持つために1円もかからないもののこと。こういったクレジットカードは何年もっても維持費0円なので、カード保有で手数料を払いたくないクレジットカード初心者の方におすすめです。
条件付き年会費無料 条件付きで年会費が無料になるクレジットカードです。年に1度でも利用すれば翌年度は無料とか、年間5万円以上の利用で無料とか、さまざまな条件があります。初心者の方にはあまり優しいとはいえないクレジットカードです。
年会費2,000円程度まで 年会費が2,000円程度までのクレジットカードは、年会費無料とさほどサービス内容には違いがありません。こういったカードを選ぶならきちんと年会費無料カードと比較してから申込をするのが無難ですね。
年会費5,000円程度まで 年会費が2,000円以上になってくると、買い物以外のサービスが強化されてきます。海外旅行時に加入できる傷害保険が無料だったり、空港の特別ラウンジが使えるようになったりといった点に興味があるなら、このあたりのカードがおすすめです。
年会費10,000円前後 一般的にゴールドカードと呼ばれるカードがこのあたりの年会費です。クレジットカードの見た目がよくなることや、ホテルに割安で泊まれるサービスがあったりと、徐々にサービスが強化されてきます。周りへのアピールもしたいならこのあたりを!
年会費30,000円程度まで ゴールドカードの中でも最上位のアメックスゴールドや、プラチナカードの年会費が安いものがこのあたり。サービス内容にレストランの割引やゴルフ場の予約などが加わり、まさに富裕層向けのサービスが使えるようになります。日々の生活を充実させたいならこのあたりを。
年会費30,000円以上まで プラチナカードでも上位のカードや、最高峰のブラックカードと呼ばれるクレジットカードがこのあたり。コンシェルジュと呼ばれる「いろいろとお願いできる秘書サービス」が使えるようになったり、海外ホテルの上級会員ステータスを貰えるようになるなど、富裕層に嬉しいサービスが多いのが主な特徴です。

 

このようにクレジットカードには様々な独自サービスがありますが、クレジットカード初心者の方はまず、年会費無料のクレジットカードからはじめてみるのが無難。

 

それでサービス内容に不満があったり、もっといろいろなサービスを使ってみたくなったら、その時に年会費のかかるカードに切り替えればOK

 

2.カード発行会社で選ぶ:

 

次におすすめなのが、クレジットカードの発行会社でどのカードを選ぶかを決めること。日本だけでも100社以上のカード会社がクレジットカードを発行しているので、どの会社を選ぶかだけでもクレジットカードの比較が出来ます。
大手カード会社がやはりいいのか?

 

ではどのクレジットカード発行会社が良いのかというと、これはみなさん次第。

 

基本的には大手クレジットカード会社であろうが中小クレジットカード会社であろうが買い物における使い勝手には違いはないのですが、やはりセキュリティ面での安全を重視するとか、万が一の時のサポート体制が気になるという方は大手を選ぶほうが無難です。
比較項目 大手カード会社 中小カード会社
買い物における使い勝手 どこでも使える どこでも使える
セキュリティ面 大手ならではの安心感あり やや弱いところもあり
電話サポート 概ね、充実している やや弱いところもあり
オンライン明細 機能が強化されていて使いやすい カード会社によっては使いにくい
万が一の時の対応 他にも利用者が多いので安心 雑な対応をされてしまう可能性あり
サービス面では中小のほうが優れてる場合も:

 

反面、大手のクレジットカード会社にはクレジットカードそのものの魅力が乏しいケースが多くなっています。理由は単純で、大手には信用力と知名度があるので、そんなにもサービスを強化しなくても勝手に利用者が集まるためですね。

 

大手カード会社:サービスやポイント制度を強化しなくても申込者が集まる
中小カード会社:サービスやポイント制度を強化しないと申込者が集まらない

 

その点、中小のクレジットカード会社のほうがポイントが溜まりやすかったり、年会費無料のクレジットカードを積極的に発行していたりと様々な魅力があります。まぁそうでもしないとカード利用者を集められない…というのが実情でしょう。
比較項目 大手カード会社 中小カード会社
ポイント制度 平凡な場合が多い 魅力あるものが多い
年会費 総じて高め 年会費無料カードが多い

 

参考までに大手クレジットカード会社と準大手のクレジットカードをリストにしておきます。あくまで私による分類なので、人によっては楽天カードやイオンカードを大手クレジットカード会社に分類する方もいることでしょう。

 

大手クレジットカード会社例:

 

JCBカード
三菱UFJニコス
三井住友カード
クレディセゾン
セディナ など

 

準大手クレジットカード会社例:

 

楽天カード
イオンカード
トヨタファイナンス
オリコカード
エポスカード など

 

このように大手クレジットカード会社と中小クレジットカードには違いがあります。安心さを取るか、それともクレジットカード自体の魅力を取るかは…みなさんの判断にお任せしますが、初めてクレジットカードを作る方なら、まずは大手か準大手カード会社で作るのが無難かも

 

3.ポイント還元率で比較:

 

3つ目はポイント還元率で選ぶ方法です。とにかくクレジットカードを買い物で使ってポイントを貯めたい…という方におすすめの比較方法ですね(ポイント還元率とは何?という方は下記記事参照)。

 

1ポイントの価値がわかれば、クレジットカードのお得さが即座にわかる!ポイント還元率の計算方法をこの機会に覚えよう。

 

但し、ひとことにポイント還元率が高い、低いといっても年会費が別途かかるのではそれもしっかりと考慮しないといけません。

 

例えば私が現在利用しているダイナースクラブ プレミアムカードはポイント還元率2%(マイル1.5円換算で3%還元)というとんでもなく素晴らしいカードなんですが、このカードの年会費は10万円以上(苦笑)。ポイント獲得で年会費の元取るのはほぼほぼ不可能な状況です。
比較項目 解説:
年会費無料のカード ポイント獲得分すべてが得をするクレジットカードです。年会費無料のクレジットカードでポイント還元率が高いものがあればそれがベストですね。楽天カード、ライフカードあたりが最近の主力です。
年会費有料のカード 年間のポイント獲得金額から年会費を差し引いてポイント還元率を計算しなくてはいけません。例えば年間利用金額が100万円で2万円分のポイント獲得、年会費1万円なら差し引き1万円の得で、ポイント還元率は1.0%になります。

 

そのため、ポイント還元率でクレジットカードを比較するのであれば、しっかりと年会費分も考慮した計算をすることが大切。

 

 

初めて持つのにおすすめのクレジットカードは?

 

UCSゴールドカード

年会費永年無料で審査も通りやすい!はじめてのクレジットカードに最適

 

その他お得情報

海外で安心なプリペイドカード

このカードがあれば外貨両替不要! お財布のような海外専用プリペイド トラベルマネーカード、さらにTポイントがたまる!